珪藻土のコースター、本当に結露を吸い取ってくれる

先日雑貨屋さんで見つけた珪藻土のコースターをさっそく使っています。
アイスドリンクをグラスに入れると、どうしても結露でビチャビチャになってしまうんですよね。
コルクのコースターでも吸い取りきれず、テーブルがビチャビチャになってて困ってました。
珪藻土は水分を吸収しすぐに発散するということで、試しに買ってみたんです。
そうしたら、本当に結露を吸収してくれて、まったくビチャビチャになりません。
それなりに厚みがあるというのもありますが、コルクや布製のコースターと比べると、抜群の吸水力です。
最初の頃は端の方が少しボロボロ崩れきてて心配でしたが、使っているうちにそれもなくなってきましたし。
石のように固いので、テーブルが傷つかないか心配でしたが、強くこすったりしなければ大丈夫そうです。
でも心配なら一応コースターの下に布などを貼ってクッションにしたほうがいいかもしれませんね。
これはかなり使えるアイテムなので、今後増えてきそうな予感。
100円ショップにも登場してくれるといいなあ、なんてwhttp://www.designarch.co/

恒星の大きさと質量などについて勉強してた

HR図などについて勉強しました。HR図上では右上にいくほど恒星の半径が大きく、左下にいくほど恒星の半径が小さいです。ペテルギウス(オリオン座α星、M2、−5.5等級)は超巨星に属する恒星で、その半径は太陽の約550倍もあります。一方、シリウスの伴星(おおいぬ座α星B、A5、11.2等級)は白色矮星で、その半径は太陽の0.02倍以下で地球の半径の約1.7倍にすぎません。2つ以上の恒星が互いに公転しているものを連星といいます。連星には望遠鏡で識別できるものもあれば、望遠鏡では識別できませんがスペクトルの観測で連星とわかるものや、食連星の変光として観測できるものがあります。恒星の約半分は連星であると考えられています。連星のうち明るいほうの恒星を主星、暗いほうの恒星を伴星といいます。おおいぬ座のシリウスも連星でその主星をシリウスA、伴星をシリウスBとよんでいます。知らないことを知れて良かったです。http://www.craftsnob.co/